For members

Slackの使い方

  • できるだけ自分の名前と一致するようなユーザ名をつける
  • アイコンをつける(誰かわからない)

輪読会

  • 定期的に回ってくる自分の番に発表する
  • だいたい30分で発表+質疑応答
  • 論文選択のガイドライン:速報性・自分の興味・被引用数などを重視
  • 早めにSlackに読む対象の論文をアナウンスする
  • Appear.inが使えるようにしておく(プラグインインストール+練習しておく!
    • リモートで発表するときは、できるだけ有線LANを使う(無線LANだとプチプチ切れる場合がある)
    • 他のアプリは(Google DriveやDropboxなど帯域を使うものは特に)できるだけ停止しておく
  • その論文の背景がわかるように、元となる手法や関連研究などの説明を少し詳しく説明する
  • 論文の質は大事
    • NIPS、ICLR、ICML、CVPRなどの有名会議で最近通ったもの
    • もしくはArxivから選択する場合は、既に話題になっているものやGoogle Scholarなどで引用数がある程度あるものを選ぶ
  • 輪読の意義・目的・論文の読み方

輪読会担当予定表

輪読候補(というか、誰かが読みたいもの。参考までに)

  • Let there be Color!: Joint End-to-end Learning of Global and Local Image Priors for Automatic Image Colorization with Simultaneous Classification(篠原予約)

松尾先生より

  • J. Oh et. al: Action-Conditional Video Prediction using Deep Networks in Atari Games, NIPS2015, Deep Reinforcement workshop, 2015
  • Sergey Levine*, Chelsea Finn*, Trevor Darrell, Pieter Abbeel. End-to-End Training of Deep Visuomotor Policies. 2015. arXiv 1504.00702.
  • Chelsea Finn, Xin Yu Tan, Yan Duan, Trevor Darrell, Sergey Levine, Pieter Abbeel. Deep Spatial Autoencoders for Visuomotor Learning. 2015. arXiv 1509.06113.
  • Elman Mansimov et. al: “Generating Images from Captions with Attention”, Reasoning, Attention, Memory (RAM) NIPS Workshop 2015, 2015
  • Natureのアルファ碁論文
  • Automated Image Captioning系の論文